ホンダ N-VANの特徴を解説。ターボはある?自動ブレーキは?

2018年7月13日に発売されたホンダ N-VAN。

この記事では”N-VAN”の特徴やオススメについて解説していきます。

 

特徴

N-VANは軽バンと呼ばれるカテゴリーで”アクティバン”や”バモス”といったホンダの商用バン及び商用バンをベースとした乗用モデルの実質後継モデルです。

N-VANのコンセプトは”軽バンの新基準”。

様々な仕事での使いやすさや走行性能、安全性を追求した軽バンです。

商用バンでありながら快適に運転できるように工夫されていることがポイントです。

商用バンとしては異例の左側のセンターピラーレス構造を採用したことや、トランスミッションにCVTや6MTを採用することで燃費と使いやすさを向上させたところも特徴です。

N-VAN+STYLEはボディーカラーが追加され、快適装備も追加されるなど仕事だけでなくレジャーにも最適なグレードになっています。

また、N-VANにはターボ設定なし、N-VAN+STYLEではターボ設定ありとなっています。

 

広告

価格

N-VAN

1,267,920円 ~ 1,450,440円

N-VAN +STYLE

1,560,600円 ~ 1,799,280円

 

広告

グレード構成

N-VAN

G・Honda SENSING (6MT/CVT)

L・Honda SENSING (6MT/CVT)

N-VAN +STYLE

+STYLE FUN・Honda SENSING (6MT/CVT)

+STYLE FUN・ターボ Honda Sensing (CVT)

+STYLE COOL・Honda SENSING (6MT/CVT)

+STYLE COOL・ターボHondda SENSING (CVT)

すべての仕様に2WD(FF)と4WDの設定あり。

 

エンジン

N-VAN

660CC水冷直列3気筒DOHCエンジン

53PS / 6800rpm

6.5kgf-m /4800rpm

レギュラー仕様

N-VANにはターボ仕様はなし。

N-VAN +STYLE

ターボ無し

660CC水冷直列3気筒DOHCエンジン

53PS / 6800rpm

6.5kgf-m /4800rpm

レギュラー仕様

ターボ付き

660CC水冷直列3気筒DOHCエンジン

64PS / 6000rpm

10.6kgf-m / 2600rpm

レギュラー仕様

 

安全装備

ホンダの自動ブレーキを含む先進安全技術”Honda SENSING”は全車標準装備となっています。

ただし、自動でハイビームとロービームを切り替えてくれる”オートハイビーム”は”N-VAN +STYLE”のみに装備されていることは注意が必要です。

運転席、助手席フロントエアバッグとABS、VSA(横滑り防止装置)も全車標準装備となっています。

 

“N-VAN”と”N-VAN +STYLE”の違い

一番大きいところではボディーカラーです。

“N-VAN”では2色となっていますが、”N-VAN +STYLE”では7色と大幅に追加されています。

装備の面では、オートハイビームやオートライト、チルトステアリングなど快適装備が”N-VAN +STYLE”に追加されていることが特徴です。

安全の面でも”N-VAN +STYLE”にはリアシートピローが追加されています。

追突時に頭を支えてくれることで被害を減らしてくれる安全装備なので、後部座席に人を乗せる機会があるなら”N-VAN +STYLE”がオススメです。

 

“+STYLE FUN”と “+STYLE COOL”の違い

この2グレードの違いは屋根の高さです。

“+STYLE COOL”はロールーフ仕様となっており、”+STYLE FUN”に比べると95mm低くなっています。

それ以外の違いとしては”+STYLE FUN”がLEDヘッドライト、”+STYLE COOL”がハロゲンヘッドライトとなっています。

それぞれ7色あるボディカラーのうち”+STYLE FUN”には”プレミアムイエロー・パールⅡ”が、”+STYLE COOL”には”プレミアムベルベットパープル・パール”がグレード専用色となっています。

ホイールキャップに関しても”+STYLE FUN”では2トーンになっています。

 

フルオートエアコンが全車標準装備

温度を設定しておけば自動で制御してくれるためマニュアルエアコンに比べると運転時の負担が減り、安全運転に役立つフルオートエアコン。

なんと全車標準装備となっています。

 

明るいLEDヘッドライトは”+STYLE FUN”に標準装備

暗い夜道で安全に運転に必要な明るいLEDヘッドライトは”+STYLE FUN”の2グレードに標準装備です。

ほかのグレードではハロゲンヘッドライトとなるため夜走る機会が多いなら”+STYLE FUN”の2グレードがオススメです。

 

オートライトは”+STYLE”4グレードに標準装備

暗くなると自動でヘッドライトを点灯させてくれるオートライトは”+STYLE4グレードに標準装備となっています。

 

CVTや6MTによるストレスのない走り

こういうタイプの車では今までは4ATや5MTを積んだものばかりでした。

街中ではギアの数が少なく、ギアの間が広いため街中ではストレスを抱えてしまいます。

そして、高速道路では荷物をたくさん積むためにパワー重視のセッティングになっていることでうるさくて快適に走れないことがストレスになっていました。

しかし、N-VANではCVTや6MTによって適切なギアを選びやすくなり街中はもちろん高速道路でも以前に比べて快適になっていることが特徴です。

 

高速道路を走る機会が多いなら”+STYLE”のターボグレードがオススメ

軽自動車の欠点の一つはパワーのなさ。

一般道では問題なくても高速道路の上り坂ではストレスを感じることもあります。

CVTや6MTによって快適になっているとはいってもターボ付きとターボ無しの差は大きいです。

上り坂が多い地域ではターボグレードがオススメです。

 

“N-VAN”なら”L Honda SENSING”がオススメ

“L Honda SENSING”には作業時に便利な助手席側開口部のワークランプなどの装備をはじめ、電動格納式ドアミラーなどの快適装備が付いています。

”L Honda SENSING”と”G Honda SENSING”の価格差自体は8万円程度なので装備が充実した”L Honda SENSING”がオススメです。

 

“N-VAN +STYLE”なら”N-VAN +STYLE FUN”がオススメ

“N-VAN +STYLE FUN”にはN-VAN +STYLE COOL”には付いていないLEDヘッドライトが装備されています。

それ以外にはホイールキャップくらいしか違いがなく、価格も同じなので”N-VAN +STYLE FUN”がオススメです。

また、”N-VAN +STYLE”は同じグレードならターボ付きとターボ無しのモデルで装備の差はありません。

CVTにもなっており高速道路や坂道の多い地域以外ではストレスを感じる機会も減っているため、パワーが必要ならターボ付き、必要ないならターボ無しという選択になります。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告