ホンダクラリティPHEVの特徴を解説。電気でどれくらい走れる?

2018年7月20日に発売されたホンダクラリティPHEV。

今回は特徴や航続距離などを解説していきます。

 

特徴

ホンダクラリティといえば水素を分解して電気を発生させる燃料電池を使った車でしたが、この車はクラリティのPHEVバージョンです。

力強いEVによる走行や、高い環境性能を持ち大人5人がゆったり乗れて荷物も積める上質なセダンを目標として開発されました。

PHEVなので充電をすることによって電気のみで走ることもできますし、電気が減ってきたときにはガソリンも使ってハイブリッド車として乗れることが特徴です。

なんと電気だけで約114キロ(10・15モードによる計測)走ることができます。

“EVドライブモード””ハイブリッドドライブモード””エンジンドライブモード”の3つのモードを自動選択することで効率的な走行を実現しています。

ドライバーは”ECON” “SPORT” “HV” “HV CHARGE”の4つのモードを切り替えることができます。

“Honda SENSING”をはじめとした予防安全機能や、衝突安全装備、環境性能や走行性能などの車として必要な性能を兼ね備えた車です。

 

広告

価格

5,880,600円

 

広告

グレード構成

EX

 

パワートレーン

105PSのエンジンと、184PSのモーターを組み合わせたシステムで走行します。

ハイブリッドといっても基本的にエンジンは発電だけをして、走行するのはモーターとなります。

ただし、高速走行などエンジンにとって効率が良い領域ではタイヤとエンジンを直結することでハイブリッドが苦手とする高速走行をカバーしています。

 

安全性能

ホンダの先進安全機能”Honda SENSING”は標準装備となっています。

また、サイド/カーテンエアバッグも標準装備となっており、万一の時にも安心な車となっています。

 

EVとして走れる距離は約114キロ

この車で特徴的なのはEVの航続距離です。

プリウスPHVのEVでの航続距離が約68キロなのでかなり長い距離電気だけで走ることが可能です。

これによってガソリンを節約でき、環境的にも経済的にもとても良い車となっています。

 

“EVドライブモード””ハイブリッドドライブモード””エンジンドライブモード”とは?

この3つのモードを自動的に切り替えることによってクラリティPHEVは様々な速度域で効率の良い走りを実現しています。

自動で選択されるのでドライバーが自分で選択することはできません。

 

“EVドライブモード”

電気だけで走行することができるモードです。

外部からの充電した電気はもちろん、走行時に貯めた電気によっても走行することが可能です。

 

“ハイブリッドドライブモード”

エンジンによる充電を行いながらモーターで走行するモードです。

重要なのはエンジンは充電のみを行って、走行はモーターによって行われる点です。

 

“エンジンドライブモード”

エンジンをタイヤと直結してエンジンの力で走行するモードです。

エンジンは高速走行時に効率が良くなります。

逆にモーターは高速走行時には効率が悪くなっていきます。

そこで高速走行時にはエンジンとタイヤを直結してエンジンの力で走ることによって高速走行でも高効率に走ることができるモードです。

必要な際にはモーターによる充電やアシストが行われます。

 

“ECON” “SPORT” “HV” “HV CHARGE”とは

ドライバーが切り替えることができる走行モードです。

“ECON”

アクセル操作に対して車の動きを穏やかにしたり、ハイブリッドシステムの制御を変更することでEV走行を支援するモードです。

“SPORT”

アクセル操作に対して車がしっかりと反応するように制御されるモードです。

“HV”

ハイブリッド車としてエンジンとモーターを使い、バッテリーの残量をキープするモードです。

“HV CHARGE”

走行時にバッテリーを積極的に充電するモードです。

 

必要な装備は標準装備

鍵を手に持たなくても施錠と解錠ができるスマートキーや、運転席/助手席パワーシート、運転席/助手席シートヒーターなど必要な装備は標準装備となっています。

さらに、カーナビやETC車載器なども標準装備となっており充実した標準装備となっています。

ホンダらしい個性的なハイブリッドシステムや充実したEV航続距離などホンダらしさが詰まった車となっています。

価格の高さはネックとなりますが、充実した装備やEV航続距離を考えると非常に魅力的な車ですね。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告