発進時の半クラッチは少なすぎてもダメな理由

発進時の半クラッチは短いほど、少ないほど良いとされますが少なすぎることも問題なんです。

 

クラッチ板は減らないけれど・・・

マニュアル車を運転するときに発進時の半クラッチ操作というのは大切な操作の一つです。

半クラッチというのはできるだけ短く、少なくしたほうが良いと言われることが多いです。

確かに半クラッチを短く、少なくするように運転をしているとクラッチ板そのものは減らなくなります。

しかし半クラッチを少なくしてクラッチ板が減らないように運転していると、クラッチペダルを動かす速度が速くなりすぎてクラッチジャダー(半クラッチ時にクルマがガタガタする症状)やギアが入りにくくなる原因になってしまうことがあります。

勿論、長すぎる半クラッチはクラッチ焼けの原因になったり、クラッチ板が早くすり減ってしまう原因にもなるので避けなくてはいけません。

つまり、半クラッチというのは多すぎても少なすぎてもダメなんですね。

 

広告

半クラッチを使うことが大切な理由

半クラッチを短くしようとするとクラッチペダルを素早く動かしすぎてしまうことがあります。

クラッチペダルを素早く動かしすぎるとクラッチジャダーが発生したり、振動がMT本体に伝わってギアが入りにくくなってしまいます。

振動が特に問題です。

ギアチェンジで重要なシンクロナイザーリング(通称シンクロ)が振動によって揺らされて表面が荒れてしまいます。

そうするとギアが入りにくくなる原因ですし、場合によってはギア鳴きの原因になることも。

クラッチ操作をゆっくりすることでクルマに優しい運転になるんですね。

 

広告

クラッチ操作が速すぎると起きること

  • ギアが入りにくくなる
  • ギアが抜けにくくなる
  • クラッチの切れ方が唐突
  • クラッチがガツンと繋がりやすくなる
  • 発進時にジャダーが発生する

 

ギアが入りにくくなる

クラッチを踏む左足の動かし方が素早すぎると振動によってギアが入りにくくなる症状が発生します

症状の度合いはクルマによって変わりますが、フィーリングが悪くなったり、酷いときにはギアチェンジの時にゴリゴリ・ガリガリとしてしまうことも。

わかりやすい症状として、停止時に1速ギアやRギアに入りにくくなったり、クルマが動いている時に2速ギアや1速ギアへシフトダウンしようとすると硬くてなかなか入らなかったりします

特にフィーリングに関してはゴツゴツとした感触がシフトノブに伝わりやすくなってしまうので、MT車の運転の醍醐味が失われてしまうこともあります。

また、素早いギアチェンジでも引っかかってしまうのでギアチェンジに時間がかかってしまうことがあります。

 

ギアが抜けにくくなる

走行中にギアチェンジをしようとしてN方向にシフトノブを動かすと引っかかる感触が出ることも症状の一つです。

一瞬、シフトノブが引っかかって抵抗がある感じでギアが抜けるのでギアチェンジのテンポが悪くなったり、症状が酷いときにはガコン!と大きな音がすることも。

特に1速ギアや2速ギアで症状が起きやすいです。

 

クラッチの切れ方が唐突

1速ギアや2速ギアでクラッチペダルを踏み込むとガクンと大きなショックが発生することもあります

特にエンジンブレーキが効いてるときにクラッチペダルを踏み込むと大きなショックが起こります。

スムーズなギアチェンジがやりにくくなってしまう原因です。

 

クラッチがガツンと繋がりやすくなる

発進での半クラッチやギアチェンジをする時にクラッチがガツンと繋がりやすくなってしまいます

発進時にはクラッチが繋がりやすくなってしまうのでエンストしやすくなってしまいますし、ギアチェンジの時には丁寧にクラッチ操作をしないとクルマがガクガクしやすくなってしまいます。

特に問題になるのはギアチェンジの時で、クラッチ操作が荒いとドン!っと衝撃音がしてしまうこともあります。

クラッチ板に負担がかかりクラッチ板が壊れやすくなったり、異音の原因になることもあるので注意が必要です

 

発進時にジャダーが発生する

症状がひどくなるとクラッチジャダー(半クラッチ時に車体がガタガタする現象)が発生することがあります

クラッチジャダーに関しては半クラッチが多すぎる時にも発生することがあるので注意が必要です

半クラッチを短くしているのにクラッチジャダーが起きるのはクラッチ操作が素早すぎることが原因でしょう。

 

どういう半クラッチが適切なのか?

MT車で発進するときにはクラッチ操作をする左足を丁寧にゆっくり動かし、途中でクラッチペダルの動きを止めるのがコツです。

クラッチペダルの動きを止めるのがとても重要で、目標の発進状態になったら左足の動きを止めて一定の半クラッチ状態を作ります。

そして、クラッチが完全に繋がるまで一定の半クラッチ状態を保つようにします。

クラッチペダルを戻す量が足りないと半クラッチがダラダラ続いてしまうので、エンジン回転数がすこしずつ下がり続けるような半クラッチが適切です。

もし、クラッチペダルを戻す量が足りなくていつまでもクラッチが繋がらないのであれば少しだけクラッチペダルを戻してクラッチを繋いであげるようにします。

この時、常にクラッチ操作は丁寧に動かすことを心がけてください。

発進時のクラッチ操作で大切なのは左足を常にゆっくり動かすこと途中でクラッチペダルの動きを止めること半クラッチが長くなりすぎないこと、この3点です。

 

広告